食事の時間 ビーマルワンと食べる順番

食事の時間や食べる順番を意識して肥満を防ぐ ビーマルワンとは?

食事を取る時間や食べる順番でも体に与える影響は全然違う

ここまでなるべく自然の物を食べることや腸内細菌を意識した食事など食べる内容について考えてきましたが、同じものを食べても食べる時間帯や食べる順番によって体に与える影響は全く違ってきます。

 

食べる時間帯を意識するだけで肥満を防ぐ

ビーマルワンとは

 

ビーマルワン(BMAL1)とは体内時計を調整するためのタンパク質で脂肪を蓄積させる作用があります。
このタンパク質が脂肪組織の中に多くあるほど太りやすくなるのですが、ビーマルワンは時間帯によって増減しています。

 

つまりこのビーマルワンが少ない時間を選んで食事することで体に脂肪が蓄積するのを防ぐことができます。

 

ビーマルワンは1日のうち太陽が出ている時間に減り、太陽が出ていない時間に増えます。
もっとも多いのは深夜2時頃で、少ないのは午後3時頃です。

 

午後3時頃はビーマルワンが少ないので多めに食べても太りづらく、深夜2時頃は少し食べただけでも太りやすくなるということです。

 

痩せたい人や脂肪をつけたくない人は食事を朝8時〜夜8時の間に行うと良いでしょう。
もっと効果的にダイエットを行うなら昼の12時〜夜8時の時間帯だけ食べるようにすることです。

 

ダイエットしている人が夜遅くに食事を取る場合はなるべく量を減らすとか、果物や野菜などを食べ糖質を摂らないようにする必要があります。

 

太陽

 

食べる順番を意識するだけで肥満を防ぐ

食べ順ダイエット

 

以前話題になった食べ順ダイエットは食べる順番を意識することで血糖値の上昇をコントロールし、肥満を防ごうというものです。

 

血糖値の上昇を抑えるので、糖尿病の予防や糖尿病時の食べ方としても効果があります。

 

食べる順番を改めて確認しておくと、
@野菜→Aタンパク質→B炭水化物
が基本です。

 

もう少し細かくすると、

 

@野菜(食物繊維の多いもの、きのこや海藻も含む)、スープ類
Aタンパク質(肉、魚、卵、チーズなど)、いも類、かぼちゃ、にんじんなどの根菜
B炭水化物(ご飯、パン、麺類などの主食)
となります。

 

果物は糖質を含んでいますが食物繊維も含んでいるので順番にこだわらなくてもいいでしょう。
最初に食べてもいいしデザートとして最後に食べてもよいと思います。

 

重要なことは精製された糖質(白米、パンや麺類などの小麦粉を使った食品)は最後に食べ、腹八分目あるいは満腹感を感じた時点で食事を終了とし後は残すことです。

 

ただし主食に玄米や全粒小麦を使用したパンなどを食べる場合、食物繊維を含んでいるので、糖尿病や極端な糖質制限を行っていない限り、おかずと一緒に食べるのもありだと思います。

 

食べ順ダイエットで最も抵抗を感じるのは白米だけを最後に食べるということではないでしょうか。
やはりご飯はおかずと一緒に食べたいので、そういう意味でも玄米食をお勧めします。

 

毎日食べる主食とおかずについて考えてみる